日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





岡本中華@徳島県小松島市

岡本中華 中華そば 小 肉玉子入り

■中華そば 肉玉子入り(小)/700円

茶系、黄系と続き、最後の徳島ラーメン「白系」を食べに、小松島市の『岡本中華』に行ってきた。最寄り駅は牟岐線の中田駅。徳島駅から電車で15分ほどで着くが、電車が30分に1本しかない。帰りの飛行機に間に合わせるためにはタイトなスケジュールだった。

お店に着いたのは10時40分頃。開店20分前でさすがに誰もいなかったが、5分くらい前になると続々とクルマが集まってきて、皆クルマの中で開店を待っている。開店と同時にほぼ満席になった。

ここもラーメンの味は1種類。サイズは大小選べる他、玉子や肉の追加ができる。サイドメニューにはライスの他、寿司もあった。お稲荷さんや押し寿司っぽかったな。で、注文したのが「肉玉子入り」の「小」。

一見すると九州風の豚骨ラーメンのようにスープは真っ白。ところが一口すすってみると、けっこうはっきりとした醤油味……といっても僕ら東京人が慣れた濃口醤油とは違う感じ。白醤油など使っているのではないかな。スッキリした味わいで食べやすかった。スープと麺は一昨日食べた『三八』にちょっと似た感じがした。チャーシューは部位のことなるものが10枚以上入っていたんじゃないかな。生卵は卵黄のみ。くずして肉に絡めると、やっぱりご飯が欲しくなりますね。そうそう、このラーメンもボリュームは少なめ。やっぱりご飯と一緒に食べるとちょうどよい量になりそう。


3日間で『いのたに』『三八』『岡本中華』しか食べられなかったけれど、共通しているのは動物系スープの濃さ。2日目に一緒にお酒を飲んだ地元の方は、「徳島のラーメンはコッテリしているのであまり食べない」と言っていた。こちらでアッサリと言われるラーメンは、関東人の感覚ではかなりコッテリの部類に入るので、苦手な人も確かにいるのはわかる気がする。地元の方に伺った話では、こちらの人はうどんが大好きで、アッサリした麺類のニーズはうどんが満たしているのだろう。楽しい3日間だった。今度は夏、阿波踊りの時期にぜひまた来てみたい。


■岡本中華
徳島県小松島市中田町字奥林60-1
posted by S谷 11:07comments(0)trackbacks(0)






支那そば 三八@徳島県徳島市

三八 肉入り小

■肉入り小盛/700円

徳島初日で衝撃を受けたのは『いのたに』だけではなかった。阿波踊り会館はバカにできないぞ。ステージで一緒になって踊ってきたが、なかなか楽しかった。徳島県人の阿波踊りにかける本気っぷりがよくわかった。果たして、東京にはこれほどアピールできる郷土文化があるだろうか。

阿波踊り会館から宿に戻ってきて、『三八』に食べに来た。北田宮にある本店(?)で食べようと思っていたが、宿の隣のビルに支店(徳島駅前店)が入っていたのでこちらにした。ずっと「さんぱち」だと思っていたが、「さんぱ」なんですね。もともとはアイスクリーム店として創業して、いろいろあってラーメン店になったそうだ。その名残で、今でもソフトクリームを扱っている。こちらのお店もラーメンの味は1種類。肉増しするかしないか、サイズなどでバリエーションがある。ライスと一緒に食べる人が多いみたいで、セットメニューも揃っている。そしてここでは生卵のトッピングがないんですね。

徳島ラーメン「黄系」を代表するお店とされている。清湯スープを使ったアッサリ系と聞いていたが、目の前に現れたのは白濁スープのラーメンで、東京人がイメージする「アッサリ」とはかけ離れている。若干の獣臭さも残りクセもあるが、油も少なく飲みやすい。醤油の味付けも控えめで、このあたりが「アッサリ」と言われる理由かもしれない。肉は普通のチャーシューが入る。赤身主体で少し固めだが、ボソボソとしておらず美味かった。

徳島ラーメンといっても、いろんなスタイルがあるんだな。


■支那そば 三八 徳島駅前店
徳島県徳島市元町1-24 アミコ1F
posted by S谷 17:46comments(0)trackbacks(0)






中華そば いのたに@徳島県徳島市

 いのたに 中華そば中肉入+生玉子

■中華そば 中 肉入り/600円 生玉子/50円

5月20日から22日まで、徳島県に行っていた。当然徳島ラーメンを食べてきましたよ。もっと徹底的にまわってきたかったが、時間的に3軒が限度。徳島には茶系(黒系)、黄系、白系の3種類のラーメンがあると聞いたので、それぞれの名店を回ってきた。

徳島駅前の宿に着いたのは14時を少し過ぎたころ。昼食をとっていなかったので、部屋に荷物を置いてすぐに『いのたに』に行ってきた。昭和41年創業の老舗で、新横浜ラーメン博物館にも出店していたこともあって知名度はトップクラスであろう。平日のお昼すぎということもあってか、空いていた。メニューはいたってシンプル。1種類の「中華そば」について、サイズの大中と肉増しするかしないかを選ぶだけだ。生卵は別料金。中盛の肉増しに、生卵を入れて食べてきた。

写真では伝えにくいが、ドンブリが小さくて驚いた。ご飯と一緒に食べるとちょうどよいサイズなのだろうな。サラッとしているが濃厚な豚骨スープ。ちょっと獣臭さも残っている。はっきりした醤油味だが、かなり甘めに仕上げてあるのが特徴かな。これが「茶系」徳島ラーメンの定番スタイルなのだそうだ。トッピングは甘めに味付けた豚バラ肉。溶いた生卵と一緒に食べる様子はよくすき焼きに例えられるが、まさにそんな感じ。

同系統のラーメンは東京・早稲田の『うだつ食堂』などでも食べられるが、『うだつ食堂』よりは味付けもスープ濃度も抑えめでアッサリしているかも。

それにしても美味かったな〜。これだけはっきりとした独自性のあるご当地ラーメンって、なかなか珍しいのではないかな。先日四国で20食ぶッ続けで麺をキメてきたラーメン好きのお仲間さんが言っていた「徳島はラ的に住みたいレベル」。同感ッ!


■中華そば いのたに
徳島県徳島市西大工町4-25
posted by S谷 14:45comments(0)trackbacks(0)