日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





くるまやラーメン@宇都宮

くるまやラーメン 味噌チャーシューメン

■味噌チャーシューメン(5枚)/900円

東日本を中心にチェーン展開しているラーメン店で、主力商品は味噌ラーメン。この日はカミさんの実家に帰省中で、2017年最初のラーメンをこちらで頂きました。
豚バラチャーシュー5枚とモヤシの乗った味噌ラーメン。チェーン店にありがちな無難なタイプをイメージしていたのだが、けっこう個性的なラーメンで意表を突かれた。ニンニクや山椒が効いた、インパクトのある味噌ラーメンだ(ニンニクは抜くこともできる)。トゥルッと柔らかく煮込まれた豚バラ肉が5枚乗る(3枚入りは790円)。無料サービスでライスがついてくるので(ランチタイム限定?)、チャーシューを乗せて食べたらお腹いっぱいで満足。
4歳の長男は、少なめの醤油ラーメンにジュースやお菓子(うまい棒)、オモチャがついてくる「お子様ラーメン」を食べさせたが、足りなかったそうだ。そろそろラーメン店では一人前食べさせてやらんといかんな。

■くるまやラーメン 宇都宮鶴田店
栃木県宇都宮市鶴田街2070-1

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






安喜亭@鹿沼

安喜亭 豚ワンタンメン

■豚ワンタンメン/780円

鹿沼市の友人宅に遊びに行ったカミさんを迎えに行く途中に寄ったお店。何でも創業80年を超える老舗なのだそうだ。名物は「豚そば」。豚肉がたっぷり入ったチャーシューメンみたいだが、横浜のサンマーメンをアレンジしたものらしい。

食べてきたのは「豚ワンタンメン」。「豚そば」にワンタンが入ったものだ。ネギやキャベツがたっぷり入ったあんが、極細麺の醤油ラーメンに乗っている。モヤシが入っていないのが意外だった。ワンタンは皮だけを茹でたもので、肉など入っていない昔風スタイルだ。あんもスープもアッサリした味付けで素朴な味わい。コショーを振ったらまた美味かったなー。


■安喜亭 本店
栃木県鹿沼市下材木町1361
posted by S谷 14:40comments(0)trackbacks(0)






中華そば 花菱@宇都宮

中華そば 花菱 塩そば

■塩そば(中華麺・平打ち)/650円

新年あけましておめでとうございます。しばらくほとんど更新できていませんでしたが、今年は生活に変化もあり、時間の取れる限りはブログにも取り組んでいこうと思います。昨年以上には更新の機会も増やせるよう頑張ります。

今年もカミさんの帰省に同行し、1月2日から宇都宮に行っていた。4日の昼に時間がとれたのでラーメンを食べてきた。向かったのは『花菱』。以前『一品香』に行く途中に見つけて気になっていたお店だ。醤油味の「中華そば」と塩味の「塩そば」を軸に、つけ麺やさまざまな特別メニューがある。メニューによっては麺を4種類から選べるというのも特徴だ。

食べてきたのは「塩そば」。すっきりしたスープに揚げネギやエビの香りを加えた塩ラーメンだ。麺は、平打ちの中華麺を選んでみた。ツルツルした平打ち太麺は美味しかったが、細麺も良さそうだ。美味しゅうございました。


■中華そば 花菱
栃木県宇都宮市宝木町1丁目56-1
posted by S谷 12:31comments(0)trackbacks(0)






一品香 駒生店@宇都宮

一品香 らーめん+ニラ+背脂

■らーめん/600円 ニラ/105円 背脂/無料
※背脂は有料トッピングを注文した場合のみの無料サービス

やや獣臭いスープに極太のストレート麺。ニラを入れると風味がよくなる。実にクセになる味だ。最近は宇都宮に来るたびに食べているなー。


■一品香 駒生店
栃木県宇都宮市宝木町1-28-20
posted by S谷 17:52comments(0)trackbacks(0)






らーめん厨房 どる屋@東武宇都宮

どる屋 鯛だし焼豚麺(塩)限定デラックス

■鯛だし焼豚麺 限定デラックス(塩)/900円

宇都宮市役所の近くにある人気店。鯛の一夜干しを使ったスープが特徴だ。
この日食べてきたのは「鯛だし焼豚麺 限定デラックス」は、通常の「鯛だし焼豚麺」よりもチャーシューの種類が多い。別皿で添えられるチャーシューは全部で5種類。写真の上から豚のロース、バラ、ほっぺた、やわらかほっぺた、イノシシ(八満ししまる)のチャーシューだ。ラーメンは鯛風味のスープに、固めに茹でた細ストレート麺を合わせたもの。繊細な味わいだが、鯛の香りが強く出ていて美味い。

どる屋 冷鯛らーめん

■冷鯛(つめたい)らーめん/750円

こちらは夏季限定の冷やしラーメン。よく冷えた鯛スープを使った塩ラーメンだ。温かい「鯛だし焼豚麺」に比べて、塩味がはっきりしている感じ。こちらも美味かった。

珍しい食材を使った特別メニューも定期的に作っている。
7月20、21日は「鮎らーめん」、8月10、11日は「らーめんROUGE」を予定しているとのこと。


■らーめん厨房 どる屋
栃木県宇都宮市中央2-8-6
posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






一品香 駒生店@宇都宮

一品香@駒生 らーめん+ニラ+背脂

■らーめん/600円 ニラ/105円 背脂/無料
※背脂は有料トッピングを注文した場合のみの無料サービス

宇都宮の人気店。アッサリした昔風の醤油ラーメンが出てくるのかと思いきや、獣臭いスープにうどんのような極太麺を合わせるというインパクトあるラーメンを出している。今回は、ニラと背脂をトッピングして食べてみた。

一品香 厚切りバラ肉 ぎょーざ細かく刻まれたニラがスープの表面を覆い尽くし、揚げニンニクも少し載っている。写真ではよく見えないが、スープには背脂の粒も浮いている。ニラの香りが峻烈でなかなかのインパクト。ニラがちょうどよい臭み消しにもなっており、この方が食べやすいと感じる人も多そうだ。美味かったな−。

左の写真は、オプショントッピングの「角切りバラ肉/210円」を別皿で出してもらったものと、「ぎょーざ(3個)/315円」。

「角切りバラ肉」は、肉厚の豚バラチャーシュー。ボリュームがあって美味い。柔らかいが箸で切れるほどではないので、複数人でシェアするのは難しいかも。

「ぎょーざ」は大きくて美味い。子どもの頃からここで餃子を食べているカミさんによると、昔とは味がだいぶ変わっているらしい。『彩花』の「キング餃子」の方が、昔の『一品香』の味に近いそうだ。


■一品香 駒生店(いっぴんこう こまにゅうてん)
栃木県宇都宮市宝木町1-28-20
posted by S谷 13:15comments(0)trackbacks(0)






一品香 駒生店@宇都宮

一品香 ちゃーしゅーめん

■ちゃーしゅーめん/700円

ゴールデンウィークを利用して、カミさんの実家がある宇都宮に行ってきた。ようやく『一品香』に行けましたよ。

宇都宮市を中心に何店舗か展開しているラーメン店。この地域出身の『凪』のバンタム君によると「THE栃木人好みのラーメン」なのだそうだ。

基本メニューは「らーめん」「ちゃーしゅーめん」「ぎょーざ」のみ。オプションのトッピングでニラや背脂などを追加できる。今回食べてきたのは「ちゃーしゅーめん」。スープは澄んでおり比較的アッサリしているが、豚骨臭(?)があってなかなか荒々しい。うどんのような太麺を合わせている。パッと見は昔ながらのオーソドックスなラーメンだが、なかなか個性的で驚いた。
「ちゃーしゅーめん」では、大きめのチャーシューが3枚入る。何も考えずに食べちゃったけれど、部位の異なる肉が入っていたような気がする。

そして宇都宮といえば餃子。もちろん食べてきたが、ここの餃子はやたらとでかい。ちゃーしゅーめん1杯と餃子3個でお腹いっぱいになりますね。


■一品香 駒生店(いっぴんこう こまにゅうてん)
栃木県宇都宮市宝木町1-28-20
posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)