日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





麺屋 音 別邸@北千住

麺屋 音 別邸@北千住 濃厚海老そば(特濃)

■濃厚海老そば/870円

 北千住の西口側、宿場町商店街にあるラーメン店。近所にある『麺屋 音』の2号店で、「生姜鶏白湯」と「炙り濃厚味噌」の2種類を主力としながら、他にもいくつかメニューがある。今回食べてきたのは、数量限定の「濃厚海老そば」。注文時にスープの濃さを「特濃」と「普通」のどちらかを選ぶ仕組み。今回は「特濃」にしてもらった。

 濃厚な動物系スープを土台に、香ばしい海老の風味を合わせたラーメン。『一幻』や『じぱんぐ』のような攻撃的な海老の風味を想像していたら、ちょっと違う感じ。こちらは海老風味を強調しながらも品良く、甘く仕立てている。期待を裏切らない強い海老の風味に、厚さ1cmはあろうかという豚バラチャーシューも満足度は高い。総じて美味しく頂きましたが、細麺のスープの持ち上げが良すぎて、濃厚なスープが途中からくどく感じてしまった。スープは普通にしてもらえばよかったかな。

■麺屋 音 別邸
東京都足立区千住4-19-11

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






麺屋 音 別邸@北千住

麺屋 音 別邸@北千住 冷やし塩生姜つけ麺

■冷やし塩生姜つけ麺/800円

 北千住の西口側、宿場町商店街にあるラーメン店。最近気に入っており、近くの紀伊國屋書店で資料探しするついでに立ち寄ることが増えている。カウンター席のみの小さなお店だが、内装もきれいで、冷たいおしぼりや紙エプロンなどのサービスも行き届いた居心地のよいお店だ。

 食べてきたのは夏季限定の「冷やし塩生姜つけ麺」。ショウガを効かせた冷たいつけ汁に、幅広の平打ち麺を合わせたもの。つけ汁のベースは鶏白湯スープかな? よく冷えているけれど固まるほどではなく、トロミがある。具や薬味は別皿で提供され、ネギや味玉、メンマに、チャーシュー替わりに沖縄そばみたいな軟骨ソーキ(?)が入っている。薬味はショウガ、柚子胡椒、わさび。麺に薬味を乗せて食べれば味が変わっていろいろ楽しめる。

 スープ割はできるが、温かいスープを注ぐのね。体が冷えすぎないように配慮しているのかな? ショウガで割と温まるのでスープ割りも冷たくていいような気がするが、総じて満足度の高い一杯。夏のうちにまた食べに来たい。

■麺屋 音 別邸
東京都足立区千住4-19-11

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






せんじゅ麺処 猪太@北千住

せんじゅ麺処 猪太 豚骨醤油ラーメン

■豚骨醤油拉麺/820円
北千住マルイの紀伊國屋書店で資料探し。その帰りに立ち寄ったお店。『猪太』は「いぶと」と読む。北千住の駅で広告看板を何度か見ており、濃厚な九州風豚骨ラーメンを出すお店なのだと勝手に思い込んでいた。

メニューは「豚骨醤油」「豚骨塩」「豚骨味噌」「特濃(醤油or塩)」などが揃っている。「初めてのお客様にはこちらをおすすめ」という「豚骨醤油らーめん」を注文したところ、現れたものが予想と全然違っていて驚いた。熱された器の中でスープがグラグラ煮立っている、石焼き風のラーメンなのであった。

多めの野菜が盛られた、鍋のようなラーメン。ネギやチンゲンサイが入っていたが、野菜は季節によって変わるようだ。細かく砕いたナンコツ(?)が入った煮こごりが入っており(すぐにスープに溶けてしまうが)、麺にナンコツが絡んで食感上のアクセントになる。煮立ったスープは確かに濃厚で、こんなスープを使った鍋は食べたことがなく新鮮。麺がのびるのではないかとちょっと心配になったが、さほど影響はなかった。鍋の締めのラーメンのような延びにくい麺なのだろうな。ちなみに無かんすいの自家製麺らしい。

生卵ひとつとライス2杯が無料。野菜や麺を生卵につけてすき焼きのようにして食べたり、残ったスープにご飯を入れて雑炊風に楽しむのもよさそうだ。なにぶん熱すぎるので、急いでパパッと食べるのには向かないが、お腹を空かせて行ってじっくり食べれば満足度は高そうだ。

■せんじゅ麺処 猪太
東京都足立区千住3-6

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 14:02comments(0)trackbacks(0)






みそ味専門 マタドール@北千住

味噌専門 マタドール 冷やし味噌らぁ麺〜トリュフ風味仕立て〜2016

■冷やし味噌らぁ麺〜トリュフ風味仕立て〜2016/850円

牛骨スープで有名な『マタドール』の2号店で、味噌ラーメンを中心に出している。本店と同じく北千住にあるが、こちらの方が駅に近い。この日食べてきたのが、1日20食限りの「冷やし味噌らぁ麺 」(8月下旬まで)。

味噌味の冷製スープに太めの平打ち麺を合わせた冷たいラーメン。トリュフオイルで香り付けした贅沢な一杯だ。「焼牛」と呼ばれるローストビーフが入るのが『マタドール』ならでは。トッピングのトマトは甘くて爽やかで、いいアクセントになっている(コンポートというものかな?)。

器に添えてあるレモンを搾ると、これまたさわやかで美味しい……のだが、トリュフの香りが飛んでしまうのでタイミングに注意。いつレモンを搾ろうか、そんなことを考えながら食べるのも楽しい。

■みそ味専門 マタドール
東京都足立区千住旭町43-13

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






牛骨らぁ麺 マタドール@北千住

マタドール ブーケガルニの醤油らぁ麺

■ブーケガルニの醤油らぁ麺
※イベント用の特別メニューです。

4月8日(日)まで葛西臨海公園で開催している震災復興イベント「believe nippon」に、北千住『マタドール』や蓮根『元』など12の人気ラーメン店が集結。「食」を通じて復興支援に協力しています。

3月26日(月)、『マタドール』の店舗でイベント用特別メニュー「ブーケガルニの醤油らぁ麺」の試食会にご招待いただき、食べに行ってきました。

ブーケガルニとは、香草類を束にしたもので、主に煮込み料理の臭み消しや風味付けに使われるもの。『マタドール』ならではの牛骨スープに野菜の甘みやハーブの香りが加わって美味しかったな〜。

参加店舗やメニューについては、公式サイトをご覧ください。
posted by S谷 19:58comments(0)trackbacks(0)






牛骨らぁ麺 マタドール@北千住

マタドール 贅沢焼牛らぁ麺

■贅沢焼牛らぁ麺/1000円

大宮のラーメン店集合施設『ラー戦場』にあった『マタドール』が移転。7月21日、北千住の駅近くに新しくお店を構えた。大宮にあった頃から、食べに行った友人・知人から美味い美味いと聞いてはいたが、北千住に来てからさらに美味くなったというので、たまらず食べに来てみた。

この店の特徴は牛骨を使ったスープ。メニューは醤油味/塩味揃った「らぁ麺」の他、「つけ麺」もある。他にも数量限定の「油そば」「台湾らぁ麺」などがある。「塩らぁ麺」は北千住に来てからの新作なのかな?

食べてきたのは「贅沢焼牛らぁ麺」。牛骨スープの醤油ラーメンの具だくさん仕様で、「焼牛(チャーギュー)」と名付けられた自家製ローストビーフがトッピングされたもの。写真には写っていないが、ローストビーフの下には柔らかな牛スジ肉の煮込みと味玉が盛り付けられていた。

スープを一口飲めば、他のラーメンと違うことがすぐにわかる。ちょっとクセがあるけど、まろやかな牛の香り。細めのストレート麺は柔らかな茹で加減。スープの持ち上げもちょうどよい。食べ進めるうちに牛スジがスープに溶けてくるのか、さらに牛の香りが強くなってくるような気がする。そうそう、3種類のネギ(青ネギ、白ネギ、タマネギ)がスープとスゴく合っている。美味しゅうございました。この味はクセになるなぁ。塩味やつけ麺も食べてみたい。


■牛骨らぁ麺 マタドール
東京都足立区千住東2-4-17
posted by S谷 20:14comments(0)trackbacks(0)






田中商店@六町

田中商店 らーめん

■らーめん/680円 赤オニ/100円

濃厚な長浜豚骨ラーメンで有名なお店。私は今回が初訪問。珍しく車でお店に行ったが、駐車場を探すのにちょいと苦労した。店頭に駐車場の地図を貼っといてくれればいいのに……と思ったが、後で気づいたらお店に向かって左に大きく書いてあった。タイトルに「〜@六町」と書いた通り、最寄り駅はつくばエクスプレスの六町駅。けれども10分以上歩くようだ。

クリーミーな濃厚豚骨スープ。獣臭さがまったくないとは言わないがかなり抑えられており、豚の甘味を堪能できる。トッピングはシンプルに博多ネギとキクラゲ、チャーシュー。細麺のパキパキした食感も期待通り。チャーシューは煮豚ではなく蒸し焼きにして作っているそうで、独特な食感がいいですね。わざわざ時間かけて行った甲斐あって大満足。

田中商店 赤オニ今日は別皿のピリ辛肉味噌「赤オニ」も注文した。肉味噌をスープで溶いて、つけ麺のようにして食べるもの。笹塚『ぼたん』の「タウ」もこの「赤オニ」にルーツがあるのかな。「赤オニ」や卓上の辛子高菜でいろいろ味を変えられて楽しい。最近は夜のラーメンを控えているのに、ついつい替え玉(120円)まで食べてしまった。美味しゅうございました。


■博多長浜らーめん 田中商店
東京都足立区一ツ家2-14-6
posted by S谷 21:50comments(0)trackbacks(0)