日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





麺屋 中川會@住吉

中川會 つけめん(大盛)

■つけめん(大盛)/850円

東大島で開催されたマラソン大会『東京トライアル』に参加してきた。ハーフマラソンのゴール後、東京マラソンの参加権が当たる抽選会に出てきたがあっさり落選。当選の確率は1/100。そう簡単に当たるわけないか。帰宅途中、住吉で途中下車してこちらでランチを食べてきた。

人気メニューは「つけめん」。残ったつけ汁で作るカレーライス「カレ変ライス」が名物だ。その他、スープに入ったラーメンも2種類用意している。

この日注文したのは「つけめん大盛」。動物魚介系の濃厚スープに極太麺を合わせた……というだけならよくあるタイプだが、フルーツを使ったという独特の甘みや、ドロリと濃厚なのにすっきり食べやすいなど、独自のつけ麺に仕上げている。麺の茹で加減は柔らかめだが、モッチリした弾力があっていい感じ。美味しゅうございました。

名物の「カレ変ライス」だが、前回来たとき食べたらだいぶ辛かったので……、今日は普通にスープ割りだけして締めた。


■麺屋 中川會
東京都江東区住吉2-19-5
posted by S谷 14:52comments(0)trackbacks(0)






那の福@東京ビッグサイト

那の福 那の福ラーメン

■那の福ラーメン/600円

この日は東京ビッグサイトで開催中の「東京国際ブックフェア」に行ってきた。書籍や雑誌がだいたい20%引きくらいで買える他、東京ではあまり本を見かけない地方の版元や、専門分野の版元のブースが面白く、この10年くらい毎年行っている。

ブックフェアを開催している西ホールに向かう途中の『ロイヤルキャフェテリア』に、何やらラーメン店の暖簾が出ているのに気がついた。九州の『那の福』というお店が、期間限定(7月末までだったかな?)でビッグサイトにお店を出しているのだそうだ。

メニューは通常の「ラーメン(500円)」に、具だくさんの「那の福ラーメン」の2種類。他に何かサイドメニューもあったかも。レジの列に並んで注文してから、隣の列に並んでラーメンを受け取る仕組み。イベントでよく見かける使い捨ての容器が使われている。ラーメン自体はよくありそうなもので特筆すべきものは感じなかったが、さほど臭くもなく脂っこくもなく食べやすい。行列が長くても進みが早く、外のテラス席も含めれば座席数も多い。忙しいイベント関係者がパパッとお昼を済ませるのにちょうどよさそうだ。

後で知ったが、ロイヤルグループの系列店なのだそうだ。それで『ロイヤルキャフェテリア』の中で営業していたのね。なるほど。


■那の福 東京ビッグサイト店
東京都江東区有明3-10-1 東京国際展示場東展示棟2F ロイヤルキャフェテリア内
posted by S谷 14:27comments(0)trackbacks(0)






NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ@住吉

肉そば けいすけ 肉そば 並 半熟味玉入り

■肉そば 並 半熟味玉入り/780円

正月休みの最終日、ちょいと用事で亀戸まで来て用事を済ませたのだけれども、本当の目的地は亀有にあって亀戸は勘違い。亀戸で用事を済ませられたのは単なる偶然だった。その帰り、亀戸から住吉まで歩き、早めの夕食をこちらで食べることにした。

オープン直後に来て以来、ここで食べるのは2回目。ラーメンは生姜醤油味の「肉そば」1種類だけだと思っていたが、数量限定で「肉そば 味噌」なんてのもやってるんですね。食べてみたかったが、残念ながら売り切れ。

見た目の通り、肉たっぷりの醤油ラーメン。肉の旨味じゅうぶんの濃いめの醤油味。ショウガがインパクトを出している。タマネギの甘みがよく合っている。麺は中太麺。さほど太くはないのだが、噛むとギュッと弾力があって存在感がありますね。美味しゅうございました。


■NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ
東京都江東区住吉2-25-1
posted by S谷 17:30comments(0)trackbacks(0)






来々軒@木場

来々軒 タンメン

■タンギョー/1150円(タンメン700円+ぎょうざ450円)

運転免許の更新で、江東の試験場へ行ってきた。今年の更新でゴールド免許に戻るつもりだったのだが、7月に違反をしてしまって地元警察署で更新できない身分になってしまった。ルールはきちんと守らないといかんですね……。2時間の講習を終えて新しい免許を受け取った後、お昼も食べていなくてお腹がすいてこちらにやってきた。

『来々軒』は初めて。今の勤務先に入った頃、会社の役員から「ラーメン好きならここのタンギョーを食っとけ」と教えられてここを知った。前回の免許更新のとき(2007年)にも来たのだが臨時休業だったか売り切れだったかで食べられず。残念ながら翌年には店主の体調不良で閉店してしまい、もう二度と食べられないと思っていた。今の場所に移転して復活したのは昨年だっけ?

夜の営業は17時から始まる。5分前くらい前にお店に着いたが、近くで時間を潰して6時10分頃に戻ってくると、もう混雑していて驚いた。移転再開前はいろんなメニューがあったようだが、今はタンメンと餃子、あとはライスとビールだけ。勤務先役員によると、あまりにも皆が「タンギョー」ばっかり食べるので、たまに「ラーメン」を注文する客がいると驚かれたのだとか。

来々軒 ぎょうざとにかくアッサリした塩味スープのタンメン。野菜は主にキャベツとモヤシ。それにニラに人参がちょいと入っている。昔、地元の中華料理店で食べたタンメンよりもアッサリした味付けだが、野菜の底から引きずり出した麺は意表を突く極太麺。麺は甘味が強く、今で言う濃厚豚骨魚介つけ麺に合わせても遜色なさそうなもの。普段ならミスマッチと感じる組み合わせだ。

一方の餃子は、多めの油で焼き上げたようで、表面は揚げたようになっている。皮の食感はサクサクモチモチ。たっぷり餡が詰まっていてインパクトある餃子なのだが、これをタンメンのおかずにして食べると、これがアッサリスープの極太麺と相性抜群なのだ。

野菜食べて麺食って餃子をかじるとこれが凄くいい感じ。タンメンだけ食べて帰ったら違った印象になるのかもしれない。復活前とはいろいろ違うところもあるのだろうけれど、このタンメンと餃子のセットはすごい説得力ありますね。美味しゅうございました。


■来々軒
東京都江東区東陽3-21-4
posted by S谷 17:15comments(0)trackbacks(0)






【新店】NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ@住吉

肉そば けいすけ 半熟味玉肉そば

■半熟味玉肉そば/780円

特徴ある創作ラーメンで知られる『けいすけ』グループの新店。都営新宿戦・営団半蔵門線の住吉駅B1出口のすぐ前に、昨日オープンしたばかりだ。お昼はずいぶん行列ができていると聞き、オープン二日目の夜に行ってみた。地下鉄の出口を上がると、もう目の前に大行列が出来ているのがわかる。お店に着いたのは21時半くらいだったが、20人くらい並んでいたかな? 本を読みながら待っていたので時間を過ぎるのを忘れたが、席に着くまで30分くらい待ったかな?

大きな液晶タッチパネルモニタのついた券売機で食券を買う。基本メニューは「肉そば(680円)」で、半熟味玉入りが100円増し。それぞれの大盛りはさらに100円増しになる。「肉そば」の並盛りに「半熟味玉」を入れて注文した。

真っ黒いスープにたっぷりの豚肉が乗ったラーメン。竹岡式や青島食堂のインスパイアとのことだが、実は両方とも食べたことありません(あ、新宿に一時期あった『梅乃家』は行ったことあります)。スープのダシは豚骨? 豚肉かも。醤油のコクが強いスープにおろしショウガを溶かしながら食べるとインパクト倍増。たっぷりの豚肉でボリュームあるインパクトのあるラーメンだ。680円でこれだけのものが食べられるのならお得ですね。創作性の強い『けいすけ』がこういうラーメンを作るのは意外な気がしたが、それもかえっておもしろい。

お店は奥に座敷席があり、餃子やご飯モノのサイドメニューもある。ラーメンも比較的安めだし夜遅くまで営業していることもあり、仕事帰りにちょっとゆっくりできるお店になりそう。


■肉そば けいすけ
東京都江東区住吉2-25-1
posted by S谷 22:10comments(0)trackbacks(0)






【新店】○心厨房(まごころちゅうぼう)@木場

○心厨房 味玉らーめん今日は仕事を終えてから新店巡り。3日に東陽町にオープンした『○心厨房』に行ってきた。近くには、勤務先の上司が大好きな『来来軒』などがある激戦区。お店に着いたのは7時半頃。閉店間際だからか、先客はひとりだけ。

「味玉らーめん(700円)」を注文。カウンターが高くて調理の様子はよく見えないが、注文してから「ジューッ!」と何か炒める音が聞こえてきた。店内にただようラードともやしの香り。期待しながらラーメンが出来るのを待つ。

ラーメンが出来た。豚の香りが香ばしい、豚骨系の醤油ラーメン。よくある家系の豚骨醤油とも違い、魚介系素材も入っているようだ。といっても『渡なべ』や『嗟哉』のような濃厚豚骨魚介系とも違い、豚の甘味を活かした独創的なラーメンに仕上がっている。トッピングは、メンマ、肩ロース肉(?)のチャーシューに加え、もやしとニラ、ニンニクをラードで炒めたもの。ニンニクは火が通って柔らかく、臭みもないので下処理をしたもの(ダシをとるのに使った?)を入れているようだ。写真ではネギに隠れてよく見えないが、辛味の粉が少量入っている。麺は浅草開化楼の太縮れ麺。「みにくいアヒルのちぃ麺」らしい。

最初は豚の甘味を楽しみ、途中で辛味の粉を溶かすとまた印象が変わる。けっこうな辛さがあるか、旨味も増すように思えた。面白い仕掛けである。辛いバージョンのメニューも用意されており、店主さんに尋ねたところ、辛味の粉を増量しているとのこと。辛いといえば、卓上に置かれている一味。この一味の効きがいい。ちょっと入れたがかなり辛味が増し、汗が噴き出す。

市ヶ谷の『くるり』店主から祝花が届いていた。店主のブログを見ても、ここで何かを勉強したとある。ラードで炒めたもやしとニラは、『くるり』の影響なのだろう。

美味しゅうございました。ホームページによると、今後は週替わりのラーメンなども計画しているようだ。また楽しみなお店が出来たなぁ…。

■○心厨房
東京都江東区東陽1-25-6

posted by S谷 19:45comments(3)trackbacks(8)