日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





七重の味の店 めじろ@川崎BEラーメンSymphony

めじろ 川崎 特製塩まぜそば

■特製塩まぜそば/850円

仮アップ。
京急川崎駅前でオッサン連中集まって飲んだくれ、そこから流れてやってきたのは再びラーメンSymphony。参加者めいめい好きなお店に行こうといったんプチ解散し、私が向かったのは昼に行ったばかりの『めじろ』川崎店。今度は新メニューの「特製塩まぜそば」。なかなかのボリューム。
posted by S谷 19:00comments(0)trackbacks(0)






七重の味の店 めじろ@川崎BEラーメンSymphony

めじろ 川崎 塩煮干しら〜めん

■塩煮干ら〜めん/850円

仮アップ。
今日は昔の職場の仲間が久しぶりに集まる日。集合場所が川崎だったので、途中で『めじろ』に立ち寄った。『めじろ』のレギュラーメニューの中では一番好きな「塩煮干ら〜めん」だが、食べるのはずいぶん久しぶり。美味いな〜。
posted by S谷 14:30comments(0)trackbacks(0)






七重の味の店 めじろ@川崎

めじろ川崎 塩煮干し冷やし

■塩煮干し冷やし/850円

このブログでもよく紹介する代々木の『めじろ』。ここの冷やしメニューは絶品で、僕は特に塩煮干しラーメンの冷やしが大好きだったのだけれど、今年は代々木の本店ではやっていない。川崎の駅ビル地下のラーメン店集合施設『ラーメンSymphony』に入っている川崎店では作っているのでそのうち食べに行こうと思っていたら、月曜日から『ラーメンSymphony』が月曜日から改装のためしばらく休業するという。さっそく食べ納めに行ってきた。

煮干しがすっきり香る和風スープに、コシのある自家製細麺を合わせたもの。スープと麺だけでもじゅうぶんに美味しい冷やしラーメンなのだけれど、焦がしネギや煮干し粉の風味がいろんな香りを加えていてさらに美味い。淡くダシの香りをつけた味玉や、余分な脂が抜けた冷たくても美味しいチャーシューも美味いです。麺を食べ終えた後は、焦がしネギを添えた冷たい洗い飯「冷やし飯(150円)」をスープに入れて完食。なかなかのボリュームがあって大満足です。

美味しゅうございました。いわゆる「和え麺」じゃなくて、スープに浸かった「冷やしラーメン」の中では、この味が一番好きかも。ひょっとして味玉やチャーシューはオマケしてもらったのかな? ユウタ店長、ごちそうさまでした。

※改装工事による休業は、8/11〜9/5とのこと。


■七重の味の店 めじろ 川崎店
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1
川崎ステーションビルB1
posted by S谷 16:37comments(2)trackbacks(0)






七重の味の店 めじろ@川崎

めじろ 川崎 塩煮干しちゃ〜しゅう麺+味玉

今年最後の一杯は、『めじろ』川崎店の「塩煮干しちゃ〜しゅう麺(1150円)」。土曜日に代々木の本店で忘年会を予定していたけれど、諸事情により中止。『めじろ』で食べ納めた気がしないので、川崎に行ってきたという次第。

午後2時近くにお店に着くと満席。食券を買って待っていたら、ちょうど店長のユウタ君の前の席が空いた。そこに案内され、まずは軽くご挨拶。しばらく待って出てきたラーメンを見ると、ん?味玉? おまけしてもらったようです。

代々木で食べている「塩煮干し」とはちょっとルックスが違うけれど、間違いなくこのスープは『めじろ』の重層的な味。食べ進めめるほどに底から舞い上がる煮干し粉の風味も期待通り。そういえば代々木の「塩煮干しら〜麺」は最近ちょっと塩味がアップ。こちら川崎店の「塩煮干し」のスープは代々木でちょっと前に出していたタイプに味が似ているかな。麺はちょっとモギモギした感じ。こちらも本店同様自家製麺なのだが、代々木の麺に近づけるのはなかなか大変らしい。FILEさんのブログによると製麺機が違うそうだ。チャーシューはしっとりとやわらかく美味。今思えばビールでも飲んじゃえばよかったかも。

美味しゅうございました。今年の食べ納めに満足……といっても、どうせ明日もきっとどこかで食べるのだろうから大袈裟に言う必要ないのだが。

1年読んでくれた皆さまありがとうございます。来年も続けますんで、よろしくお願いします。よいお年を!
posted by S谷 14:15comments(0)trackbacks(0)






本丸亭@川崎

本丸亭 本丸塩らー麺夕方、川崎BEのラーメンSymphonyに入った。『めじろ』の限定豚骨メニューはすでに売り切れ。それならそれで、まだ行ったことのなかった『本丸亭』に入る。

標準らしい「本丸塩らー麺」を食べる。作っているところを見ると、5食分を一気に作っているのだが、麺茹でからトッピングまで、5食分すべて一人が担当しており時間がかかる。さらに驚いたのは、麺をスープに入れてから春菊を包丁で切り始める始末。本音を言えば、こりゃ地雷を踏んだかな…と思った。

ところが、麺は以外にもしっかりとコシが残っていた。手切りっぽい見た目の太縮れ麺で、予想に反して麺の歯ごたえはよい。トッピングは、大きめのバラ肉チャーシュー2枚に春菊、鶏肉(?)を餡にしたワンタンひとつ。スープは鶏の旨味が強調されているがあっさりと優しい感じ。上品で美味しいのだけれど、極めてオーソドックスな方向性のスープなので物足りないと感じる人もいるのでは。
posted by S谷 19:02comments(0)trackbacks(1)






めじろ@川崎

めじろ川崎 はまぐりの奇跡今年405杯目。
再びめじろに戻って、今度は「はまぐりの奇跡(630円」を食べる。こちらは温かいラーメンで、はまぐりスープに細いストレート麺を合わせた塩ラーメン。トッピングは、はまぐり一つとゴマのみで、ビジュアル的には寂しい印象があるけれど、単純にはまぐりの風味とめじろの麺の美味さをシンプルに楽しめるもの。このビジュアルはいろんなレポートで読んで知っていたのだが、めじろのラーメンにネギが入っていないという事実に新鮮な驚きも覚える。ちょっとトッピングを充実させてみようと思って味玉を入れてみた。塩味がほのかに染みており、優しい感じの味玉。
どちらも美味しゅうございました。

このラーメンは続けて欲しいな。願わくば、これにふさわしいトッピングなども充実させて、見た目にも満足できるものに進化したものを食べてみたい……が、なかなか川崎まで行く機会がないんだよな…。
posted by S谷 14:56comments(0)trackbacks(0)






いまむら@川崎

いまむら川崎 中華そばこってり極太麺今年404杯目。
ラーメンテーマパークの醍醐味は連食。「ラスト極太麺ヒーロー」というキャッチコピーに魅せられて、めじろからいまむらにハシゴ。

こってり極太麺を注文。「二郎っぽい」という評判は聞いていたけれど、出て来たものを見て納得。スープ表面を大きめの背脂が入ったラードの層が厚く覆っており、キャベツとモヤシが乗せられる。麺は平打ち気味の極太麺。

スープは鰹だしの効いた醤油味のようだが、個人的にはもっと動物系の味が出ている方が好きかな。見た目に比べて上品な味。もっとも、この手のラーメンはドカッとニンニクを放り込んで勢いで食べちゃうものなのだろうから、あんまり細かいことを考えるのは野暮かも。

■中華そば いまむら 川崎店
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−1 B1F
posted by S谷 13:56comments(0)trackbacks(0)