日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





【新店】中華そば 龍の眼@末広町

中華そば 龍の眼@末広町 チャーシューそば

■チャーシューそば/1100円

 ミシュランで1つ星を獲得している名店『創作麺工房 鳴龍』がプロデュースした新店が、6月26日にオープン。場所は妻恋坂交差点の近くで、以前は『ローストビーフ油そば ビースト』があったところ。初日のランチタイムは50人待ちの行列だったとか。今日は13時頃に行ったところ待たずに席に着くことができたが、お店を出るときには店外で7〜8人のお客が待っていた。

 基本のメニューは醤油味の「中華そば」1種類で、チャーシューや角煮、ワンタンなどのトッピングによるバリエーションがある。注文したのは「チャーシューそば」。

 メンマ2本とネギのみ(……といっても、青ネギに白ネギ、白髪ネギなどいろいろ)が載った醤油ラーメンに、焼き上げたロース肉のチャーシューが別皿で添えられたもの。スープは鶏をベースに昆布や魚介をバランスよく合わせている。何か突出するものはないけれど、いろんな旨味が厚く重なってリッチな感じ。やや平たい細ストレート麺を合わせており、柔らかそうだがパツンと歯切れのよい茹で加減。スープの持ち上げは良好。日本の最先端を行くラーメンという印象だが、チャーシューは中華料理のような味付け。かなり甘めのタレを使っており、ラーメンにそのまま載せると味が変わってしまいそう。とはいえ、そのまま食べても美味しい絶品の焼き豚で、ライス(ランチタイムは無料サービス)のおかずとしては文句なく最高。1100円という価格設定についても、じゅうぶんに満足の行くものだと思います。

中華そば 龍の眼@末広町 チャーシューそば

 なお、「中華そば」は750円。追加のチャーシューは250円なので、合わせて注文すると「チャーシューそば」(1100円)より安くなる。250円のチャーシューは「チャーシューそば」より量が少ないように見えたが、1000円で収まるのでそういう食べ方もありかな。

■中華そば 龍の眼 Produced by 創作麺工房 鳴龍
東京都千代田区外神田3-6-5

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






なおじ@御茶ノ水

なおじ@御茶ノ水 背脂中華そば

■背脂中華そば/720円

 新潟に本店を置くラーメン店。数年前は都内でも数店舗展開していたはずだが、最近はすっかり聞かなくなっていた……と思ったらほぼ閉店していたのね。三ノ輪の『ジョニーの味噌』も系列店だったと思うが、現在は独立しているらしい。

 食べてきたのは「背脂中華そば」。軽めに煮干しを効かせたスープをやや塩っぱめに仕上げ、背脂を少量入れたもの。やや平たい太ストレート麺はかなり硬めの茹で加減でスープとアンバランスな気も。それより気になったのがメンマ。ちょっと香りが強すぎるのでは。

「再び新潟から飛びだして此処から新たなる挑戦!」とのことだが、都内にある背脂煮干しラーメンのお店はけっこうレベルの高いところも多く、このままでは厳しい勝負になりそう。『なおじ』といえば、かなりインパクトのある面白いラーメンで注目を集めてきただけに、けっこう意外……と思ったら、すでに経営が変わっていたそうだ。なるほど……。

■ラーメンなおじ 御茶ノ水店
東京都千代田区神田駿河台4-2-5

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






秋葉原ラーメンわいず@末広町

秋葉原ラーメンわいず@末広町 ラーメン

■ラーメン/720円

 最近ちょくちょく通っている家系ラーメンのお店……だが、安易に「家系」といっていいのか迷う。一般的な「家系」とけっこう違うので、ひょっとしたら家系ファンの人達は違った印象を持っているのかもしれない。しかし、私にとって『わいず』のラーメンは数年前に一度だけ『吉村家』で食べた一杯を思い出させるのだ(といっても、数年前のことで細かい味など覚えていないのだが)。強いタレの味に、やや獣臭さもある強い豚骨スープ(『吉村家』はここまで獣臭くなかったと思うけど)。途中で刻みニンニク(お昼なので無臭の方を使う)とコショーを入れて、さらにパンチの強い味にして締めれば理屈抜きに美味い。

■秋葉原ラーメンわいず
東京都千代田区外神田3-7-8

 

posted by S谷 13:00comments(2)trackbacks(0)






超ごってり麺 ごっつ@秋葉原

超ごってり麺 ごっつ しょうゆラーメン(背脂多め)

■しょうゆラーメン/750円

 亀戸に本店がある背脂ラーメンのお店。店主は千葉の『なりたけ』出身というから、パンチの効いた背脂ラーメンを期待できる。メニューの種類はいろいろあるが、今日は初めて来たので基本の「しょうゆラーメン」を注文した。背脂の量を尋ねられるので多めにしてもらったが、基本の量でもけっこう多いらしい。

 ネギがたっぷり入った背脂醤油ラーメン。ネギやチャーシューでよく見えないが、スープの表面(というか表層)は背脂粒でびっしり覆われておりギットギト。確かに脂っこいが、ピシッと強めの醤油ダレや太麺とのバランスは良好。ネギも脂っこさをほどよく中和してくれるので、見た目ほどのくどさを感じずに背脂の甘味を堪能できる。上野~秋葉原界隈で背脂補給したくなったら、ぜひ行きたいお店。また来て他のメニューも食べてみたい。

■超ごってり麺 ごっつ 秋葉原店
東京都千代田区神田松永町18-1

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






麺や七彩@八丁堀

麺や七彩 喜多方らーめん(醤油)

■喜多方らーめん(醤油)/820円

今年で創業10周年を迎えた、喜多方ラーメンの名店。八丁堀にお店を移してからは、注文を受けてからその都度小麦粉をこねて麺を打つという試みにチャレンジしている。

実はこの日が八丁堀店の初訪問。注文したのは「喜多方らーめん(醤油)」。動物系スープをベースに、ほのかに煮干しなどの魚介が効いたバランス良い無化調スープに、打ち立てならではの平打ち縮れ麺を合わせた醤油ラーメン。麺はかなり太目で、「打ち立て」だから味わえる食感がいい。チャーシューは部位の異なる肉が2枚入る。

東京で美味いラーメンはどこかという話題で常に名前が挙がる人気店だが、実際に出しているラーメンはかなり素朴。田舎風の蕎麦やうどんに近いイメージかもしれない。けれども、麺の食感などは野趣あふれるインパクトがあり、僕らがよく知っている喜多方ラーメンとは味も食感も別次元だ。美味しゅうございました。「肉そば」にすればよかった。

■麺や七彩
東京都中央区八丁堀2-13-2

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






ソラノイロNIPPON@東京ラーメンストリート

ソラノイロNIPPON 北海道ネギ味噌ラーメン

■北海道ネギの味噌ラーメン/900円

家族で東京駅周辺で買物。ランチにやってきたのがこちらのお店。子ども用のハイチェアもあり、小さな子連れでも利用しやすい。
私が注文したのは期間限定の「北海道ネギの味噌ラーメン」。1日60食限定だそうだ。メニューの写真よりもネギの盛りがよく、豪快なルックスはまるで「二郎」のよう。ネギのタワーの横にはおろしショウガ。ネギの下には鶏の肉団子、メンマ、モヤシなどが入っている。
ネギは甘くて本当に美味しい。苦手な人でもきっと美味しく食べられそうだ。ただし生のネギがたっぷり入るためか、スープは割と早めに冷めてしまうのがさみしいところ。塩味も控えめ。器の底に味噌ダレが仕込んであって食べ進めると味が変わってくるという説明があり期待したが、変化はよくわからなかった。美味しくいただきましたが、インパクトのある外見に比べて、味はややおとなしめという印象だ。
気がついたらじんわりと汗をかいていた。ネギやショウガのおかげで体は温まっていたのだな。

■ソラノイロNIPPON
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下ラーメンストリート

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:20comments(0)trackbacks(0)






【新店2016】秋葉らぁめん 丸久@末広町

秋葉らぁめん 丸久 丸久らぁめん

■丸久らぁめん/500円
※開店記念の特別価格。通常は750円。

今週月曜日にオープンしたばかりの新店で、「まるきゅう」と読む。場所は、地下鉄末広町駅のある外神田五丁目交差点からお茶の水方面に進み、路地を右に入ったところ。メニューは「丸久らぁめん」と「丸久つけめん(800円)」の他、サイドメニューやトッピング類。この日は開店記念で「丸久らぁめん」が500円で販売されていたので注文してみた。
動物系の白濁スープに中太麺を合わせた醤油ラーメン。サラリとしたスープには背脂が浮き、ニンニクやショウガを軽く効かせている。部位の異なるチャーシュー2枚や、ネギも青白2種類入るなど、トッピングも手間がかかっている。若者向きのコッテリ系ラーメンをバランスよくまとめた感じ……ということになるのかな。美味しく頂きましたが、ちょっと大味であまり印象に残りにくいかも。

■秋葉らぁめん 丸久
東京都千代田区外神田6-13-2

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)