日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





麺屋薫堂@仲御徒町

麺屋薫堂@仲御徒町 味玉だし醤油らーめん

■味玉だし醤油らーめん/850円

 あご(トビウオ)のダシを使った醤油ラーメンを看板メニューにしているお店。最寄り駅は日比谷線仲御徒町駅か、TX新御徒町駅になるのかな? 決して立地はよくないのだが、近隣のサラリーマンに徐々に認知されてきたのか賑わうようになってきた。メニューは「あごだし醤油らーめん」「だし醤油らーめん」の2種類の醤油ラーメンに、「あごだしつけ麺」「ざるらーめん(夏季限定)」など。2種類の醤油ラーメンはネーミングからは違いがわかりにくいが、だいたいこんな感じ。

・あごだし醤油らーめん
 はっきりした醤油味と、独特の甘味がクセになる一杯。ライムによる味変も。

・だし醤油らーめん
 減塩醤油ダレを用い、塩味よりもダシの風味で食べさせる一杯。

 どちらも美味いのだが、個人的にはこちらの「だし醤油らーめん」が気に入っている。小麦の香る細いストレート麺が、スープの素直なダシの風味をまっすぐ持ち上げてくる。この「素直なダシの風味」というのがいちばんの特徴で、味覚のストライクゾーンにハマル人はかなり多いはず。トッピングのエリンギの佃煮はとてもよく出来ており、メンマの代替品としてはトップクラスでないだろうか。チャーシューも絶品。いやぁウマイ。

■麺屋 薫堂
東京都台東区台東3-4-5

posted by S谷 12:54comments(0)trackbacks(0)






稲荷屋@稲荷町

稲荷屋@稲荷町 冷やしらーめん(名称不明)

■冷やしらーめん(名称不明)/950円

 銀座線稲荷町駅近く、淺草通り沿いにある黄色い看板のお店。鶏のスープを使ったシンプルな醤油ラーメンが美味しいお店だが、不定期でいろんな裏メニューがあることも。この日お店に着いたのは12時半過ぎ。ランチタイムで混んでおり、きちんと説明を聞けなかったのだが「冷やし」があるというので注文してみた。

 現れたラーメンは、澄んだスープに平打ち麺を合わせたもの。スープはカツオが香るさわやかな塩味。合わせる麺がフェットチーネみたいでミスマッチな気もするが、個人的には好きな麺。強いて言うならもう少し柔らかめに茹でてる方が好みだが。刻んだミョウガがたくさん入っており、すっきりと食べられる。トッピングは鶏のミンチと野菜を油揚げで包んだものと、ハマグリのむき身。ハマグリはスープの材料としても使っているそうだ。

 こう暑いと、冷たいメニューを用意しているお店に自然と足が向かってしまう。裏メニューとはいえ、ここ最近はいつも何かしら冷たいメニューがあるのでありがたい。混雑時は出来ないそうだが鴨肉を使ったつけ麺(?)もあるらしい。また近々食べに行ってみよう。

■稲荷屋
東京都台東区元浅草2-10-13

posted by S谷 12:52comments(0)trackbacks(0)






百歩ラーメン@北浦和

百歩ラーメン@北浦和 つけめん

■つけめん/830円

 北浦和駅の西口から、国道17号を左に進むとあるお店。埼玉県を中心に何店舗か展開してるお店で、北浦和店が1号店/本店にあたるようだ。オープンは1999年というから、もう20年近く経っている。それだけ長く生き残っているお店であることは、よく行列が出来ていることからも伺える。

 この日食べてきたのは「つけ麺」。主力商品の「百歩ラーメン」のつけ麺バージョンで、サラリとした白濁塩豚骨スープにラーメンと同じ(?)麺を合わせたもの。土台の豚骨スープはクセがなく食べやすい反面、あまりにもライトで印象に残りにくい。このあたりはラーメンにも同じ事がいえるのだが、入れ放題のネギや高菜、ニンニクや胡麻を使って好きなように食べればいいのだ。特にこのお店では、ネギをたくさんいれた方がウマイ。初めて来たときはそのまま食べてとても地味なラーメンだと思っていたのだが、それはこのお店の楽しみ方として間違っていた。

 ところで、このお店は子ども向けメニューや幼児用のイス、おみやげのオモチャなどが完備されており、ファミリー利用もしやすい。わが家にとってはありがたいお店になっている。

■百歩ラーメン 北浦和店
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-23-13

 

posted by S谷 19:00comments(0)trackbacks(0)






IPPUDO RAMEN EXPRESS@さいたま新都心

IPPUDO RAMEN EXPRESS@コクーン新都心 熟成トマトとんこつ

■熟成トマトとんこつ/853円

『一風堂』がフードコートなどで展開している業態で、おなじみの「白丸」「赤丸」はないものの、同店らしい豚骨ラーメンを中心に醤油味や期間限定のメニューを用意している。大規模商業施設のフードコートなのでランチタイムはそれなりに行列ができるが、細麺のためすぐに茹であがり、レジで注文した後はさほど待たずにラーメンを受け取ることが可能だ。替玉専用の窓口が用意されており、行列に並ばなくても替玉を注文できるところはよくできている。

 期間限定の「熟成トマトとんこつ」を注文。チャーシューに隠れてよく見えないが、厚めにスライスした大きめのトマトが1枚入っており、その上に果肉たっぷりのトマトソースが盛り付けられている。その他はほうれん草やキャベツ、刻みタマネギ、粉チーズなど。トマトが載った豚骨ラーメンなんてキワモノ……と感じる向きも少なくないだろうけれども、もともとトマトと豚骨スープは相性の良い食材。まろやかな豚骨スープとトマトの酸味はしっかり合っていると思うのだが、やけに塩っぱく感じてしまったのが残念。また、食べ終える直前までチーズが入っていたことに気付かなかった。チーズはトマトソースの上に盛り付けた方が美味しそうに思えるのだがどうだろう?

■IPPUDO RAMEN EXPRESS コクーンシティ店
埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-263-1 コクーンシティ3Fフードコート内

posted by S谷 18:57comments(0)trackbacks(0)






らあめん花月嵐@浦和

らぁめん花月嵐@浦和 嵐げんこつらぁめん ぐらんキャニオン

■嵐げんこつらあめん ぐらんキャニオン/880円

 背脂一味唐辛子を散らし、ニンニクをガツンと効かせた醤油ラーメン。9月いっぱいくらいまでの期間限定メニューだ。ネーミングはさておき、まぁだいたい見た目から想像できるとおりのラーメンなのだがこれがなかなかウマイ。背脂+ニンニクというだけでじゅうぶんなのに、たっぷりの一味唐辛子でいい感じに刺激も加わる。良かったのが麺。このお店ににしてはだいぶ太目のストレート麺を使っており、麺のギュッとした食感がコッテリしたスープとよく合っている。

 刻みニンニクが標準で入っているので、それなりにニンニク臭くはなるのは避けられない。仕事のランチ中に食べるのはちょっと抵抗があるだろうが、やっぱりこれはニンニク抜きなどしないで食べることをオススメしたい。

 大判のチャーシュー2枚というのが売りのひとつだが、「大判」というほどのサイズではなかったな。薄く柔らかいので、食べ進めるうちにバラバラになってしまい、大きな肉を食べるという満足感は得られない。チャーシューが弱点というのはいつものことだが、今回は他がよく出来ているだけにもったいない……と言ったら多くを望みすぎ?

■らあめん花月嵐 浦和仲町店
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-1-13

posted by S谷 16:50comments(0)trackbacks(0)






案山子@御徒町

案山子@御徒町 レモンラーメン

■レモンラーメン/780円

 今年のゴールデンウィーク頃にオープンしたばかりの新しいお店。当初は謎めいた接客やオペレーションが目立ったが、オープンして約2ヶ月が過ぎだいぶ落ち着いてきたようだ。

 この日食べてきたのは、夏向けの新作「レモンラーメン」。基本メニューの「淡麗 塩」をベースに、レモンスライスを4枚ほど入れたもの。麺は従来の細麺/太麺に中太麺が加わり、3種類から選べるようになっていた。今回は「中太麺」をチョイス。魚介の風味と塩味、レモンの酸味の相性はよく、温かいラーメンながらもこの季節にスッキリ食べられる。レモンはラーメンの具としてはかなり珍しい部類だが、塩ラーメンが好きな人ならぜひ一度試してみるべき食材。なかなか美味しかった……のだが、中太麺があまり印象に残ってないな。どんなんだっけ。

■案山子
東京都台東区上野6-2-11

posted by S谷 10:25comments(0)trackbacks(0)






さんじ@稲荷町

さんじ@稲荷町 淡麗煮干昆布水つけ麺

■淡麗煮干昆布水つけ麺/900円 肉増し/300円

 先々週の金曜日に謎のメッセージを残して休業していた『さんじ』が営業再開。「疲れました。探さないでください」なんて言うものだから、ひょっとしたらこのまま閉店してしまうのかと心配していた。休業の理由は人手不足で、新たなスタッフを採用して営業再開に至ったということのようだ。

 食べてきたのは「淡麗煮干昆布水つけ麺」の「肉増し」。サラリとした澄んだ煮干しスープのつけ汁に、昆布水に浸した平打ち麺の組み合わせ。ツルツルしたのど越しのよい麺と、ビターな煮干し風味の組み合わせが美味い。いわゆる『またおま』系のつけ麺とはまったく違うアッサリ系だが、こう暑い日はこのくらいのが食べやすいかも。

■さんじ
東京都台東区東上野3-25-12

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)