日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





稲荷屋@稲荷町

稲荷屋@稲荷町 汁なし担々麺

■汁なし担々麺/950円

 淺草通り沿いにある黄色い看板のお店。先日ここで食事をしたときに、裏メニューみたいな感じで「汁なし担々麺」をやっていると聞いたので改めて食べに行ってきた。

 ナッツと肉味噌、ネギのストライプがカッコいい一杯。いわゆる普通の唐辛子系の辛さは控えめ(…といってももちろんそれなりに辛さはあるけれど)で、花山椒のシビれる辛さが強調されている。器の底には胡麻ダレがあって、よくかき混ぜて食べる。いろんなスパイスが調合されているようで、山椒の刺激の他に何だろう、シナモン(?)みたいな甘味もあるような。太目のストレート麺を合わせていたが、日によっては平打ちの縮れ麺を使う事もあるようだ。そのあたり流動的なのは、まぁ裏メニューだからか。

 美味しゅうございました。麺を食べ終えても肉味噌がたっぷり残ってしまったので、半ライスを注文して肉味噌と一緒に食べることにした……のだが、この半ライスボリュームありすぎでしょう。予想の3倍くらいご飯が入っていて、おまけにブツ切りのチャーシューまでサービスしてもらっちゃって、食べ過ぎちゃった……。

■稲荷屋
東京都台東区元浅草2-10-13

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






【新店】中華そば ムタヒロ@錦糸町

中華そば ムタヒロ@錦糸町 ガハハ煮干特製そば

■ワハハ煮干し特製そば/980円

 国分寺近辺や関西で展開している『ムタヒロ』が東京23区内に初出店。1号店のオープン初日に行った以来の『ムタヒロ』訪問です。メニューは今のところ「ワハハ煮干しそば(780円)」とトッピングのバリエーションのみだが、だんだん増えていくようだ。

 今日食べてきたのは、具だくさん仕様の「ワハハ煮干特製そば」。オープン当初の「ワハハ煮干しそば」は、店主が修行していた『凪』を彷彿とさせる煮干しラーメンだったが、さすがにもう7年も経っておりだいぶ変わってきている。背脂や岩のり、刻みタマネギが乗って、どちらかというと新潟の背脂煮干ラーメンっぽい仕上がり。煮干しの強い風味に加え、縮れた極太麺の食感もインパクトがあり、印象に残る一杯だ。強めの味付けだが、好みに応じて味の濃さは調整してくれるのも嬉しい(食べ始めた後の調整も可能)。そしてもちろん、スタッフの元気な接客は健在。東京都区内でもファンが増えていきそうだ。

■中華そば ムタヒロ 錦糸町店
東京都墨田区江東橋2-6-14 エスカイア錦糸町プラザ 1F

 

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






【新店】中華そば 多繋@上野

中華そば 多繋@上野 醤油そば

■醤油そば/680円

 上野の『麺巧 潮』が閉店し、店長を務めていた方がそのまま店舗を引き継ぐ形で独立。新たに『中華そば 多繋』としてオープンした。閉店から開店までの早さや、店頭のポスターに書かれていた「麺巧 潮の味を受け継ぎ〜」などの文言から『潮』のリニューアルと思っていたのだが、そうではなく完全な新店なのだそうだ。

 基本のメニューは「醤油そば」「海老薫る白だしそば」「ベジ豚そば」の3種類で、どれも780円。ただし今日はまだ「ベジ豚そば」は準備ができていないとのこと。

 注文したのは「醤油そば」。写真には写っていないけれど本当は海苔が入る。(入れ忘れてしまったそうで後で貰いました)。カツオなど魚介風味のスープにストレート麺を合わせた醤油ラーメン。かなり甘めの味付けで、柚子で爽やかさを出している。甘いところなど『潮』の醤油ラーメンに似ているところもあるが、魚粉が口の中でざらつくようなこともなく、より万人ウケして食べやすくなったといえそう。

■中華そば 多繋
東京都台東区東上野3-22-2

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






ラーメン玉 超大吉@御徒町

玉 超大吉@御徒町 味玉つけめん

■味玉つけめん/930円

 川崎を中心に展開している『つけめん玉(ぎょく)』の系列店。豚骨魚介スープのラーメン/つけ麺のお店だが、特徴は昆布ダシを前面に押し出した味の組み立てをしていること。一口味わえば、よくある豚骨魚介との違いがわかるはず。オープンは2013年の暮れだったかな。開店当時に比べると現在はスープの製法が異なるようで、ドロリとした濃厚乳化系スープから、どちらかといえばサラリとしたスープに方向転換している。ベーコンのようなチャーシューも変わってしまったが、昆布ダシを強調した独自の味わいは健在だ。

 この日食べてきたのは味玉つけめん。昆布を効かせた豚骨魚介スープに、平打ちの太麺を合わせている。麺が柔らかく弾力もあり、ツルッとしてのど越しもよい。個人的にはかなり気に入っている麺だ。味玉の味付けが面白い。独特な風味がしてクセになりそうだ。王道・定番のつけ麺に比べるとかなりオリジナリティがある一杯で、豚骨魚介のつけ麺なんてどこで食べても同じと想っている人にこそ勧めたい。

■ラーメン玉 超大吉
東京都台東区上野6-6-4

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






麺屋 薫堂@仲御徒町

麺屋 薫堂@仲御徒町 だし醤油らーめん+味玉

■だし醤油らーめん/780円

 アゴ(トビウオ)を使ったスープが評判のお店。最近すっかりハマッてしまい、週1ペースで通っている。何を食べても美味いのだ。今回食べてきたのは「だし醤油らーめん」と「チャーシュー飯」。スタンプが貯まったので味玉を付けてもらった。

 その名の通り、魚介ダシの香りを強調した醤油ラーメン。減塩醤油を使っているそうで、看板メニューの「あごだし醤油らーめん」に比べて塩分が25%もカットされているのだとか。けれども物足りなさは一切なく、むしろダシの風味に引き込まれて麺をたぐる手が止まらない。全粒粉を使った細ストレート麺はスープの持ち上げも良く、小麦の香りも適度にあってかなりの出来。柔らかな豚バラチャーシューや、薬味のネギ、メンマがわりのエリンギなどもバランスよく美味い。この柔らかいチャーシューを刻み、ネギと一緒に熱々のご飯に盛ったのが「チャーシュー飯」。もうね、美味いに決まってる。

 食べ終えて職場に戻るまでの道のりも後を引く旨味が口の中に残り、なんだか幸せな気分になるのであった。

■麺屋 薫堂
東京都台東区台東3-4-5

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






竹ちゃんタンメン@入谷

竹ちゃんタンメン@入谷 竹ちゃんタンメン

■竹ちゃんタンメン/780円

 かっぱ橋道具街の北端から、入谷駅に向かって歩いてすぐのところにあるお店。お店の外装はちょっと雑然としているが、店内はスッキリしている。メニューは基本の「竹ちゃんタンメン」の他、味噌味やつけ麺などすべてタンメンのバリエーション。もっともこの日お店に行ったのは閉店間際の夕方で、「竹ちゃんタンメン」以外はすべて売り切れていた。

 トロミのある鶏白湯スープを使ったタンメン。スープは一般的なタンメンに比べてはるかに濃厚で、ビックリしてしまう人も多そう。動物系のこんなに濃厚なスープはともすればクドくなりがちなところだが、セロリなど(?)の香味野菜の風味がうまいことバランスをとっている。麺はモチモチした食感の中太ストレート。美味いなー。

 近くの図書館に調べ物をしにいくことが多いので、楽しみが増えた。今度はつけ麺食べてみよう。

■竹ちゃんタンメン
東京都台東区松が谷4-25-7

posted by S谷 16:30comments(0)trackbacks(0)






さんじ@稲荷町

さんじ@稲荷町 イカ墨ブラック

■イカ墨ブラック/850円……だっけ?

 今はカニと煮干しのラーメンのお店(……のはず)だが、店主の探究心は留まるところを知らず、ここ最近はいつ行っても何らかの新作を作っている。

 今日食べてきたのは「イカ墨ブラック」。白い器に真っ黒なスープ、チャーシューのピンクとネギの緑が映えるビジュアル系。その中身は、イカスミを合わせて真っ黒く仕上げた豚骨スープに、パキパキした細ストレート麺を合わせたラーメンだ。まろやかな豚骨スープが土台を支え、イカスミの香りが海の香りを演出。やはり今回も刻みタマネギが食感といい味といい、良いアクセントになっている。見た目とは違ってマイルドで食べやすいラーメンだが、汁ハネには注意。

 そういえば、カニと煮干しのお店になってからもう1年が過ぎたのか。最近の新作の連発から察するに、さてはご主人、また何か新しいことを考えている?

■さんじ
東京都台東区東上野3-25-12

 

posted by S谷 12:20comments(0)trackbacks(0)