日々是好麺

S谷の食べた麺の記録





百歩ラーメン@北浦和

百歩ラーメン 百歩ラーメン

■百歩ラーメン/680円

北浦和駅西口から17号(中山道)を浦和方面に数分歩いたところにあるお店。埼玉県内を中心に何店舗か展開しており、この北浦和のお店が本店にあたるそうだ。あまりラヲタ受けするお店ではないが、この界隈では特に人気のあるお店で、ランチタイムや夕方は行列ができていることも珍しくない。看板に「とんこつ」と書いてあるが、九州風の豚骨ラーメンとは違った独自のスタイルだ。

看板メニューの「百歩ラーメン」は、臭みのないアッサリした豚骨スープに中太のストレート麺を合わせたもの。トッピングはチャーシューとメンマ、海苔1枚のみだが、ネギや辛子高菜が入れ放題だ。そのまま食べれば脂っ気控えめの塩豚骨ラーメンといった感じで、マイルドで食べやすい。お店の外観からはイメージしにくいのだが(失礼!)、女性や年配の客が多いのもうなづける。インパクトが欲しければニンニクや辛子高菜で好きなように味をいじれるのもいい。肉厚で柔らかいチャーシューも美味い。

揚げたニンニクチップがたっぷり入った「揚げニンニクラーメン」もパンチがあって美味いのだが、揚げてある割にはニンニクのニオイが残ってしまうので、これから人に会う予定だったり仕事中の人は要注意。
 

■百歩ラーメン 北浦和本店
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-23-13

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






柳麺 呉田@北浦和

柳麺 呉田 カエリ煮干しの淡麗そば

■カエリ煮干しの淡麗そば/950円

北浦和界隈で、今風の洗練されたラーメンといえば真っ先に名前が挙がるお店。先頃発売されたムック「ラーメンWalker埼玉2017」で、埼玉県内の新店部門ランキングで1位をとり、ますます注目を集めている。この10月10日は通常メニューをお休みし、「カエリ煮干しの淡麗そば」という特別メニューのみに絞って営業していた。(12日頃まで出していたそうだ)カエリとは、イワシの稚魚(でいいのかな?)。稚魚といえばシラスが有名だが、もうちょっと育って数cmになったものをカエリと呼ぶ。そのカエリの煮干しを使ったラーメンだ。

「淡麗そば」の名前の通り、エグミが皆無ですっきりした煮干しスープに自家製の細ストレート麺を合わせた塩ラーメン。三ツ葉の香りがいい感じ。とても品よく美味しいが、あまりにもアッサリしていて物足りなく感じてしまうかも。しかし、不思議なことにマッシュルームを食べると味に厚みが出てきて面白い。最近はガツンとインパクトのある煮干しラーメンが流行だが、真逆のスープで美味しくまとめるやり方を提案するような一杯。美味しゅうございました。

 

■柳麺 呉田
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-16-7

 

JUGEMテーマ:ラーメン

 

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






中国料理 天水@上野

中国料理 天水 つめたいラーメン

■つめたいラーメン/500円

永寿総合病院の近くにある、年季の入ったお店。「中国料理」と銘打たれているが、ラーメンと餃子が主体の町の中華屋さんだ。安くておなかいっぱい食べられるせいか、ランチタイムはいつも近隣のサラリーマンで賑わっている。10月だというのに気温30度を超えそう……というので、本日注文したのは「つめたいラーメン」。

煮干しや動物系ダシの効いた醤油味のスープに、柔らかく茹でられた細ストレート麺を合わせた醤油ラーメン。こちらの基本メニューの温かい「ラーメン」をほとんどそのまま冷やしたようなラーメンだ(強いて言えば、モヤシとかナルトとか、温かいラーメンとちょっとだけ具が違う)。スープは冷たい……というか、ほぼ常温だったような気がするが、暑い日には確かにスルッと食べやすい。チャーシューは肉厚の豚バラロールで、やわらかく美味しい。この価格のラーメンに入っているチャーシューとしては、かなりの大サービス品ではなかろうか。

「つめたいラーメン」のメニューの貼り紙には、「元祖」と大きく書かれている。きっと、東京では夏の冷たいラーメンといえば冷やし中華しかなかった昔からやっているのだろうな。ノスタルジックな町中華が好きな人にはきっとハマるはず。

■中国料理 天水
東京都台東区東上野3-6-2

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 18:17comments(0)trackbacks(0)






博多 一風堂@上野広小路

一風堂 茸香るベジ麺

■茸香るベジ冷麺/900円

『一風堂』の期間限定メニューが今日からスタート。なんと今年の期間限定メニューは4種類。それらを異なる店舗で提供していくという面白い企画だ。今回のメニューは「博多肉そば」「味噌白丸」「博多淡麗中華そば」「茸香るベジ麺」。基本的には過去の限定メニューや海外店舗で出しているものをブラッシュアップしたものだそうだ。

さっそく職場近くの上野広小路店に行ってきましたよ。こちらで提供されているのは「茸香るベジ麺」。フランスはパリのお店で出している、肉類を使わないビーガン仕様のラーメンを逆輸入したものらしい。コンソメっぽいスープを土台にキノコの香りを加え、パプリカを練り込んだオレンジ色の平打ち麺を合わせたラーメン。エリンギとビートのスライスに、ラタトゥイユ、紫タマネギ、ベビーリーフが盛り付けられている。あまり油っけのないスープであっさりしているものの、こういう組み立てならラーメンとして成立するのか、なるほど。そう唸ってしまいそうな一杯だ。

つけ合わせのパンをスープに浸して食べれば、さらに満足感もアップする。パンの表面がもっとパリッとしていれば良かったのと、紫タマネギがけっこう辛かったのが気になったが、美味しく、面白い一杯だった。

期間は11月30日まで。提供店舗は公式サイトを参照のこと。

■一風堂 上野広小路店
東京都台東区上野3-17-5

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 20:07comments(0)trackbacks(0)






【新店2016】鶏だし中華そば かね壱@御徒町

鶏だし中華そば かね壱 塩かけ+おすすめトッピングセットA

■塩かけ/480円 おすすめトッピングセットA/300円

御徒町のディスカウントショップ『多慶屋』の裏手にあった『カラツケ グレ』が閉店。9月7日、その跡地にオープンしたばかりの新店。その名の通り、鶏をふんだんに使ったラーメンが食べられる。
パッと見、麺のメニューがやたらと安いが、トッピングが別料金なので注意。お店のイチオシという「塩かけ」は480円だが、チャーシューやメンマ、ネギを載せようと思ったら300円の「オススメトッピングセット」を一緒に注文する仕組みだ。好きな具を選んでカスタマイズできる楽しさはあろうが、ふつうのラーメンっぽくしようと思ったら食券を2枚以上買う必要があるのはちょっと面倒だ。
この日注文したのは「塩かけ」と「オススメトッピングセットA」。炙った鶏チャーシューや、白青2色のネギがきれいな一杯。中央の黒いのは揚げネギ。左下の小皿は柚子胡椒。スープは澄んでいるが、旨味はじゅうぶん。鶏の香りもいい。トッピングの鶏チャーシューもプリプリして美味しいし、揚げネギがちょっとビターすぎるのが気になったものの、かなりの個人的大ヒットの予感。それにしても、この味どこかで食べたことあるような……。そう、武蔵浦和『まかないへきる』の「へきるの塩かけそば」に、浦和『一瑳』の鶏チャーシューを乗せた感じ? などと思っていたら、お店を出た後に気付いた。ここも系列店だったのですね。なるほど。
「塩かけ」の他にも、「濃厚塩かけ」「つけ」などがある。きっと美味いに違いない。また行こう。

■鶏だし中華そば かね壱
東京都台東区台東4-12-8

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






【新店2016】菜香@上野

菜香 醤油とりそば(細麺)

■醤油とりそば(太麺)/800円

東上野にあった家系ラーメン店『上野家』の跡地にオープンしたお店。夕方からは焼き鳥店、ランチタイム(17時まで)はラーメン店となる二毛作店。近所にある同名の中華料理店(現在は改装のため休業)が経営しており、同じく近所の『麺食堂 一真亭』も協力しているようだ。
基本のメニューは鶏スープを使った「とりそば」だが、清湯/白湯の2種類のスープがある上に、それぞれ醤油/塩/辛味から選べる。他に「まぜそば」「つけそば」などもあってメニューは豊富。さらに、最近はほとんどのメニューで太麺/細麺を選べるようになった(太麺は50円増し)。
いちばんの基本は、「醤油とりそば」になるのかな。鶏のダシがよく出たスープに、三ツ葉が香る醤油ラーメン。細麺が基本になるのだろうが、私は太麺が好き。中央にちょこんと載った梅干しがこちらの特徴。途中で梅干しを少しかじってからスープを飲むと、スープの甘味が目立って美味い。
あんまりラヲタ受けするようなお店ではないのだが、気付いたら界隈でいちばん通っているお店になっているかも。なんせ職場のすぐそばだし、夕方まで通し営業しているのも便利。そして何より、味が好みなのだ。

■菜香
東京都台東区東上野3-14-4

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 16:29comments(0)trackbacks(0)






【新店2016】秋葉らぁめん 丸久@末広町

秋葉らぁめん 丸久 丸久らぁめん

■丸久らぁめん/500円
※開店記念の特別価格。通常は750円。

今週月曜日にオープンしたばかりの新店で、「まるきゅう」と読む。場所は、地下鉄末広町駅のある外神田五丁目交差点からお茶の水方面に進み、路地を右に入ったところ。メニューは「丸久らぁめん」と「丸久つけめん(800円)」の他、サイドメニューやトッピング類。この日は開店記念で「丸久らぁめん」が500円で販売されていたので注文してみた。
動物系の白濁スープに中太麺を合わせた醤油ラーメン。サラリとしたスープには背脂が浮き、ニンニクやショウガを軽く効かせている。部位の異なるチャーシュー2枚や、ネギも青白2種類入るなど、トッピングも手間がかかっている。若者向きのコッテリ系ラーメンをバランスよくまとめた感じ……ということになるのかな。美味しく頂きましたが、ちょっと大味であまり印象に残りにくいかも。

■秋葉らぁめん 丸久
東京都千代田区外神田6-13-2

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)